生誕地

石川理紀之助翁は、羽後国秋田郡金足村小泉(現 秋田市金足小泉)に生まれる。 現在は、秋田市であるが、城下の久保田町(秋田市)から北西約12キロ程の地にある。 西は砂丘の松林でそこから3キロほどで日本海岸に達する。東には遠くに太平山の山々が見える。 雄物川の川跡湖である男潟、女潟(現在県立小泉潟公園として整備されている)がそばにある風光明媚な平和な村で 育ち、養子になる21才までをここで過ごす。



石川理紀之助翁 男潟

男潟



石川理紀之助翁 女潟

女潟



生家があったという近くには、現在国指定重要文化財である旧奈良家住宅があった。



石川理紀之助翁 男潟

秋田市金足小泉に保存されている国指定重要文化財 旧奈良家住宅



MENU



MENU

Copyright (C) 2007 農聖 石川理紀之助翁の生涯 All Rights Reserved.